【ロゴ・名刺・カード】美容院ヘア&エステサロン glovers 様

1月中旬に飯田市鼎にオープンした美容院「glovers  Hair&Esthe IIDA JAPAN」さまの、ロゴデザイン、名刺、ショップカードを制作しました。

お店の名前には、glovers(グラバーズ)=gloval(グローバル)+lovers(ラバーズ)の造語ということで、「自分自身はもちろん、家族や周りの人を大切に思い、グローバルに展開していきたい」というオーナー様の想いが込められています。なので、お店の名前にも「IIDA JAPAN」が^^

グローバルな展開を視野にということで、デザインのイメージ・書体も個性的になりすぎず、誰でもどこの国の人も見てわかるシンプルなデザインを目指しました。

 

名刺裏面はお店の名前やロゴのイメージを覚えていただくため、とにかくシンプルに。

ショップカードは、サーフィンやアウトドア好きのオーナー様の個性を、ネイティブ柄(オルテガ柄)にロゴタイプのみでデザインしました。

 

 

今回もオーナー様が強い想いや今後の展開までしっかりとお考えを持っていらっしゃったので、それをそのままデザインに反映しました。

 

 

ただこのブログを見ている方の中でも、このように意志や理念がはっきりとある方ばかりではないと思うんです。

 

「どうやってイメージを伝えたら良いかわからない」

「とりあえずキレイにできていれば、それでいいかな・・・」

 

実際何か作ろうと思っても、デザイナーに依頼することに躊躇する方、けっこういると思うんですね。今はデザインソフトを使わなくても、ワードや簡単に使えるアプリでそれなりにチラシとか作れちゃいますしね。

 

それと、お客様や同業関係者のお話を聞いていると、デザイナーといっても制作に対する姿勢は人それぞれです。何が正解ってないんですが、中にはせっかくの企業パンフレットなのに「この会社って何をウリにしてる会社なんだろう?」と感じてしまうような、ボンヤリしたデザインのパンフレットなんかを見かけると、個人的にはちょっとモヤっとしちゃいますね。

 

それだけ、デザイナーによっても完成品の温度差(?)って出てきちゃうんですが、やはりデザインにもお金を払って作るものですから、

「早く配りたい!」「色んな人に見てもらいたい!」「あの人に渡したい!」

そう思えるものを作りたいですよね。

 

今回のオーナー様も、こんなお店にしていきたい、こんなお客様とこんなやり取りをしたい・・・、地域にこんなことで貢献していきたい・・・、こういうパンフレットをこういう人に見てもらいたい・・・そんなことをとてもワクワクしながらお話くださいました。

 

デザイナーにどう依頼したら良いか悩んでいる方。

難しいことではなく、まずは ご自身のことから話してみてはいかがでしょう。

・今までこういうことでお客様に喜ばれた

・こういう時にやりがいを感じる

・5年後、10年後はこうなっていたいなぁ

・休みの日はこう過ごしてリフレッシュしている・・・etc・・・

何気ない会話の中に、アイデアがたくさん隠れています。ぜひデザイナーと一緒に見つけていってもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください