BLOG

絶好調ドラマと、読まれるチラシの共通点

  1. HOME >
  2. BLOG >

絶好調ドラマと、読まれるチラシの共通点

半沢直樹、おもしろいですね!!
最終回を目前に、ネット上で予想合戦が繰り広げられる中、
先週発行の新聞「日経マーケティング・ジャーナル」で
TBS社長のインタビューが掲載されていました。

とても面白い内容だったので、
読まれるチラシの共通点として感じたことをシェアします。

今回「半沢直樹」をはじめとするTBSドラマが好調だった理由を

各チームが、のびのび楽しんで作り、切磋琢磨した相乗効果があった

という旨を話しています。

テレビ離れが深刻だという現代、
いまだ、テレビが社会現象を生むことを目の当たりにし、
反応があることで、制作サイドも自信につながり社内が活性化している。
ということです。

社会がコロナでピンチの中、
多くの人が、コロナの影響で家にいる時間も多くなっている。
これを”チャンス”に変えようとしている
その熱量も伝わってきますよね。

今はピンチの半沢が、最終回どんなふうに、1000倍返ししてくれるのか
私たち視聴者も、大逆転を期待し、待ち遠しく感じています。

そして、読まれるチラシも同じだと思うんです。
どれだけ、そのお店や企業の社長やスタッフが
自社の商品やサービスについて、熱量持って伝えられるか。
自社のメリットを具体的に伝えているか。(もしくは伝わるように工夫されているか)

そして、読み手は、

その商品やサービスによって、どんな変化が起きるのか。

そんなことを期待しながら、商品を購入したり、サービスを契約をするわけです。

精神論じゃなくて...という方もいますが
まず何にしても、この熱意、熱量があるということが
大前提になってくると思っています。

シンプルだからこそ、大事にしていきたいことですよね。

-BLOG

© 2021 DESIGN SOLEIL Powered by AFFINGER5