BLOG

水戸黄門に見るマーケティングの要素

  1. HOME >
  2. BLOG >

水戸黄門に見るマーケティングの要素

 

【水戸黄門と売上につながる広告の共通点】
水戸黄門に見るマーケティングの要素 #1

————————————
売上につながる広告には必ず マーケティングの要素が盛り込まれている
 ————————————
ということで、

今日は言わずと知れた時代劇の代表作
北林が長年ラブの【水戸黄門】に見る
マーケティングの要素をお伝えします。

作品概要は割愛して
【水戸黄門と売上につながるチラシの 共通点】
とは



ズバリ
————————————
問題を解決をする
————————————
ということ。

どういうことかというと

 

【水戸黄門】はまず、
何かの拍子に問題を抱えている人物に出会い
その人物(ターゲット)の悩みを引き出し
最終的に勧善懲悪なシナリオで 必ず解決へ導きます。

 

【売上につながるチラシ】も
問題を抱えているターゲットに向かって

「私たちのこの商品・サービスなら
あなたのこういう悩みを解決できますよ」

ということが、 わかりやすく提示され
問題解決のための、集客の導線が
設計されている背景をもって デザインされています。

 

【自分のビジネスが どんな人の問題を解決できるか】

 

という部分を明示できるだけでも
今後お客様の反応も変わってくるので
特に経営者の方々は ぜひ考えてみてください^^

 

 

ちなみに 私が一番好きな黄門様は
テレビ版初代の東野英治郎でーす!

-BLOG

© 2020 DESIGN SOLEIL Powered by AFFINGER5